フラバンジェノールの成分【副作用と安全性をチェック】

 

フラバンジェノール,成分,副作用

 

フォーマルクラインは、全商品に「フラバンジェノール」という有効成分が配合されているスキンケア用品です。フラバンジェノールには一体どのような効果があり、副作用や安全性は大丈夫なのかどうか?詳しく調べてみました。

 

 

フラバンジェノールという有効成分について

 

フラバンジェノールは、フランス南西部ランド地方にある海岸松の樹皮から抽出された天然由来のポリフェノールです。

 

フォーマルクラインの公式サイトに、フラバンジェノールの歴史について詳しく記載されていますが・・・簡単に説明すると、日本では2000年にフォーマルクラインの親会社である東洋新薬に情報伝わり、誕生したようです。

 

フラバンジェノールの効果として最も注目したいのが、抗酸化作用です。フラバンジェノールには、ビタミンCの約600倍、コエンザイムQ10の250倍もの美容パワーがあるとも言われています。

 

更に、フラバンジェノールはヒアルロン酸と一緒に使用すると、保湿効果が高まるという特徴があります。保湿効果がどれ位高まるのかというと、コラーゲンの約5倍、セラミドの約15倍に相当するようです。

 

このように、フラバンジェノールは抗酸化作用や保湿効果に優れているため、肌のケアにとても向いている有効成分だと言えるでしょう。

 

 

フラバンジェノールの副作用や安全性について

 

実はフラバンジェノールという有効成分は、抗酸化作用や保湿効果の他に、服用すると血液の流れが良くなるといった効果にも期待出来ます。そのため、フラバンジェノールはケア用品だけではなくサプリメントなどにもよく使用されているのですが・・・服用することが可能=肌に塗っても副作用の出る可能性も低いといえるでしょう。

 

また、フォーマルクラインのケア用品は「クリーンルーム」という空気中の汚れやゴミを徹底的に管理した工場で製造されています。製造の過程でもスタッフがひとつひとつ丁寧にチェックを行っているため、安全性は極めて高いと言えるでしょう。